『インプラント治療とビスフォスフォネート骨壊死回避 のためのポイント』

                  
松本歯科大学口腔顎顔面外科学  篠原淳教授

 

インプラントは歯牙欠損による口腔機能低下を回復させるシステマチックな治療法である。当初、インプラントは骨条件が整ったケースでの口腔機能再建に適応されていたが、その後、審美的な要望に応えたシステムや骨増生を利用した方法の出現により適用範囲が拡大してきた。インプラントは成功すれば絶大な結果が得られる治療法であるが、成功率は100%ではなく、近年ではインプラント治療に関するトラブルも増加し、社会問題にもなっている。 

そこで、本講演では、つたない経験からではあるが、長期的な成功を得るための臨床の勘どころについて述べたい。また、ビスフォスフォネート骨壊死を可及的に回避するためのポイントについても述べたい。そして、この講演が、少しでも皆様の参考になれば幸いと考える。